2013年05月07日

特集『経大の先生を知ろう!』より 第一弾内海和雄先生(後篇)

ご〜ぃぃくぅぅぅぅexclamation×2

どんな風に過ごされましたか?
こんにちは。GWは殆ど寝ていたジャバラーズ★マスカットです。
「寝正月」とは言うけど、「寝連休」とは……聞きませんねぇ。

GW中の更新を待っていた方、お待たせして申し訳ありませんでしたもうやだ〜(悲しい顔)
前回の続き、内海先生のインタビュー後篇 はりきって参りましょう。


前篇は著書とご自身の研究についてアツく語っていただきましたが
後篇では、学生さんに対して思うこと… を語っていただきます。


ジャバラーズ(以下ジ)広経大に来られて今春で2年になりますが、
経大生を見ていて思うことというか・・・在学生に対してアドバイスとかありますか?

内海和雄先生(以下内): そうですねぇ。
上級生は、いきなり卒論とか構えちゃうんじゃなくて、何でもいいから面白そうなテーマに取り組んでみてほしいなぁと思いますね。最初はざっくりとした大きなテーマでもいい。考えていく中で絞っていけばいいから。 自分が関心のあるもの、何に関心があるのかからしっかり考えてほしい。

ジ: 4年生になっていざ卒論!っていうときに、わりと簡単にテーマ決めてしまって、後悔してたりっていうのを見かけますね。

内: そうなんですよね。たとえば、アルバイト先で感じていることなんかでも、大学の授業で学んだことを活かすチャンスになるかもしれない。小遣い稼ぎだけじゃない、実学の場としてプラスになるように考えたり取り組んだら面白いと思うんですよ。

ジ: 世界は経済で満ちているから、どこで何をしても経済活動ですよね!そう考えると普段の生活も面白さ倍増exclamation&question とオチもついたところで、最後に(JavaLa春号ということで)新入生に向けて何か一言いただけますか。

内: ひとこと・・・。難しいね。
勉強は根本だけど、やっぱり友達をたくさん作って欲しい。待ってないで、自分から作る努力をしてみて欲しいですね。ゼミとかで見ていても、話しかけられれば話すんだけど、自分から話しかけようとはしない。ゼミをより円滑にしようという努力が見えない。いろんな言い方が出来るけど、リーダーがいないとか、バカになってやるやつがいないとか。率先して指揮をとる人がいないんですよね。みんな受け身で待っている。

新入生の場合は特に、友達を待ってるのではなく自分から探してほしい。待ってては友達ができません!その辺はきついことかもしれませんがね。江田島の新入生セミナーとか、スポーツ大会とか。そういったイベントもうまく使ってほしいですね。そういうのもスポーツの力の一つだと思います。

ジ: 江田島での合宿生活とか、行くまではダルそうにしている子も、帰る頃には笑顔になってますよね。スポーツの力凄しexclamation×2

内:
 うんうん。
それから何か1つ好きなテーマを見つけて本を読む!本を読む習慣をつけるといいですね。あと、図書館もっと好きになってほしい(笑) 図書館に行って、自分が居心地の良い場所ぴかぴか(新しい)をどこか1カ所見つけて欲しい。そういう形でもいいから図書館を利用してほしいですね。最初は怖いかもしれないけど。

ジ: 騒いでると叱られちゃったりね(苦笑)

内: 使ってるとね。 こう・・・怖いオバサンが、優しいオネエサンに変わる時があるんですよね。

ジ: 大学図書館は、大学生の味方ですからexclamation 怖くないからexclamation×2
   たくさん利用してくださいね〜ハートたち(複数ハート)

   内海先生、今日はどうもありがとうございました


内: いえいえ〜 おつかれさまでした。

sDSC_0019.jpg



2回に渡る、"THE内海ワールド" いかがだったでしょうか?
もーっといろんなお話をうかがったのですが、多すぎて載せきれませんでしたふらふら
興味をもった人は、勇気をもって研究室を訪ねてみては?



さ〜て、次の先生はどなたでしょう?
次回もお楽しみに。


寒くて衣替えする勇気がでないジャバラーズ★マスカットでした。
posted by ジャバラーズ at 17:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 特集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月26日

特集『経大の先生を知ろう!』より 第一弾内海和雄先生(前篇)

暑かったり寒かったり、地震や地滑りが起きたりと荒れ模様の4月後半ですががく〜(落胆した顔)
みなさんお元気ですか?
こんにちは ジャバラーズ★マスカットです。

10号の特集記事用に、5名の先生にインタビューをさせていただいたのですが…。
本誌読者の方々は「一言だけ?超少なっ!!」という感想を持たれたのではないでしょうかふらふら
実は、平均インタビュー時間40分。
その中で特に印象に残った一言、学生さんへのメッセージがググッと籠められた言葉を、厳選しての掲載でした。

誌面に乗せられなかった部分も面白いお話盛り沢山で、ぜひみなさんに紹介した〜い!!
というわけで、今回配信からどどーっと紹介していきたいと思います。


というわけで、お待たせしました!
トップバッターはスポーツ経営学科内海和雄先生です。
趣味のノルディックウォーキングは新聞の記事に載る域に!(中国新聞2014/1/22夕刊)
研究室にお邪魔してまず目を引いたのが、大きな魚拓。
先生が釣上げられたもの…ではないそうですが、なんとシーラカンスのものとのこと。
詳しくは あの先生へ突撃インタビュー!!!第2弾(1/16)をご覧下さい。 



ではさっそくどうぞ。

ジャバラーズ(以下ジ):
最新刊のタイトルはズバリ
『スポーツと平和:課題と方法』
ということですが、内容についてご紹介いただけますか?

内海和雄先生(以下内)スポーツと平和とか、オリンピックと平和というのは、昔からずっと言われるんですけど、研究方法がないんですよね難しくて。つまり、その関連性を実証できないんです。スポーツは平和に貢献しているとみんな言うし、感情的には分かるんだけれど、研究の実証としてはない。経験的にはあり得ても、それを実証することはできないという難題なんですよ。今回初めて、国際的にもきちんと取り扱われていない、その部分に迫ろうと着手したわけです。そういう意味でサブタイトルに”課題と方法”と銘打ちました。大きなテーマに向かって突撃隊exclamation×2なのです。

ジ:"平和"とひとことで言っても広いですが・・・

内:平和論の中心は福祉なんですよね。『福祉の充実している社会=平和福祉のない世界=戦争』なんですよ。福祉の良い状態というのは、逆に言えば民主主義もある程度普及している、戦争に頼らない形である程度問題も解決できる、という社会でもあるんですね。福祉が充実してくるともっともっと色々な意味で安定するわけですよ。そういった意味での福祉国家というのが、日本が目指すべき世界だと思います。

ジ:福祉”と聞くと、障害者や高齢者向けの事業や保障といった端的なものを連想しがちですけど、本来はもっと広い意味を持つ言葉なんですよね。日本が、先生の言われる”福祉国家”になったら凄いですね!

内:(研究の)次のステップとして考えているテーマが、その”福祉”なんです。スポーツと福祉スポーツと福祉と平和。スポーツを普及させるような国の福祉政策があるかどうかで、その国の平和度合がわかる。その話に進む前段階としての”オリンピックの歴史的背景”について、この本の前半にかなり詳しく載せました。こういう研究は今までありませんでしたので。

ジ:ぴかぴか(新しい)分厚くて内容盛りだくさんの御本ぴかぴか(新しい)ですが、特におすすめの章などはありますか?

内:前半は、オリンピックをとりまく歴史について順にまとめているので、理解のために通して読んでもらいたいですね。後半は、章ごとに「ナショナリズム」「招致問題」「オリンピックと平和」などを取り上げているので、興味のある部分から読んでもらったらいいかな。

ジ:卒論で「オリンピックについてやってみようかな〜」と考えている学生さんにぜひ手に取ってもらいたいですね!!

sDSC_0029.jpg

前半の本誌で紹介した図書についてお話を伺いました。
ひきつづき後半については、次回更新でお届けします。


以上 急な寒さで風邪っぴきのジャバラーズ★マスカットでした。
posted by ジャバラーズ at 11:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 特集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月22日

あの先生へ突撃インタビュー!!! 第2弾の答え☆

おはようございます!

センター試験も終わりましたねかわいい

1月は行く、2月は逃げる、3月は去る』
これって本当だな〜と今年も痛感しているジャバラーズ☆モミジです。 

さて、先週あの先生へ突撃インタビュー!!!2
ヒントだけで終わってしまいましたが

分かったひらめきこの先生だひらめきひらめきとひらめいた方はいらっしゃいますか?

正解は




本学の竹ノ内豊(←図書館ではこの名前で浸透しています、笑)
内海先生でした〜〜〜ぴかぴか(新しい)

実はこんなお茶目なポーズもしてくださいましたるんるん

DSC_0009.jpg


 
もし正解だったあなた!すごすぎます!
何者?!というくらいすごすぎます(笑)
 


明日は創立記念日で閉館ですいす

もし返却をしたい方は通用口側の返却ポストをご利用ください。 

今日はあいにくの雨ですが小雨代車がノーマルタイヤなので
雪だけは絶対に降らないで〜!と
切に願っているジャバラーズ☆モミジでした。

posted by ジャバラーズ at 09:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 特集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広島経済大学図書館 〒731-0192 広島市安佐南区祇園5-37-1
TEL:(082)-871-1662 FAX:(082)-871-1055