2013年06月03日

特集『経大の先生を知ろう!』より 第二弾 上田みどり先生篇

こんにちは、ジャバラーズ★マスカットです。
一気に暑くなりましたね!
経大図書館でも換気と冷房の鬩ぎ合い(←せめぎあい/読めましたか?)が続いております。
入ってきたときに冷やっとしたらラッキーと思ってください(笑)

隔週ペースでは配信!を目標にしているインタビュー記事ですが
すっかり遅くなってしまい申し訳ありません。

お待たせしました!
お二人目は特集号の紅一点教養教育部上田みどりハートたち(複数ハート)先生です。
TVなどのメディアや学外でも幅広く活躍されておられる、いつも素敵な先生ですが
どんなお話がうかがえますか…。



ジャバラーズ(以下ジ):
先生の最新作
『知のメディエイター 地域に開かれた大学をめざして
について、先生から内容などご紹介いただけますか?

上田みどり先生(以下上)そうですね〜。前半は、私の教育論とか教育に対する想い、考え方などについて。後半は本学で行っている教養特別講義で、特に印象に残った先生方のエピソードを綴っています。

ジ:大学=知のメディエーターと表現するところが素敵るんるんだなぁと思ったのですが。

上:メディエーターというのは仲介役っていう意味なんです。先生方はそれぞれのご専門分野を深く追求されていますが、それをそのまま学生たちに教えるということよりも、一緒になって考えるという作業をこの大学ではしてると思うのです。自分の研究を進める中で、その成果…難しいことをやさしく学生たちにわかるように伝えていく、まさに仲介していく。それを担っている場が大学だろうと解釈しています。
 私は今、文学を教えているのですが、学生にとにかく文学作品を全部読んでください!っていうわけにはいかないですよね(笑) だから、昔のクラシックな人たちの考え方や生き方について、私が勉強したものを砕いて今の現代の若者(学生)たちに伝えていく。そういう良いものを伝えていく役目を先生方は担っていると感じていたので、タイトルにしました。
sDSC_0023.jpg

ジ:教養特別講義についても、教えていただけますか?

上:私の専門とは異なる、今日本を引っぱっている先生方を学外からお呼びして行っている、文字通り特別な講義です。さまざまな分野の方に来ていただいているので、それぞれの生き方や想いから、学生が学んだり共感したりしてもらえたら嬉しいですね。ひょっとしたら、その道に進んでみたい!といった就活のきっかけになるかもしれませんよ。そういう意味でもぜひ受けてもらいたい授業の一つです。

ジ:先生の教育への想いと、教養特別講義で印象に残ったエピソードということで読み応え十分ですね!(とても面白いご本なのでオススメです!!)


ジ:最近、学生さんに対して感じられていることとかあればお聞かせいただけますか。

上:本学の良さ自由で和を大切にする雰囲気を感じて学んでいってほしいですね。みなさんの専門は経済ですけれど、一般社会の基本となる教養の勉強もしっかり身に着けてもらいたいです。
  それから、周りに流されるのではなく、自分がどういう方向に向かったらいいのかという、大きな目標ぴかぴか(新しい)を持って欲しいですよね。出来れば在学中の間からどんどん外に出て行って、もっともっといろんなことにチャレンジして欲しい。自分から社会に関わっていくことで、何らかの形が見えその一端を掴んで社会に出て行ってもらいたい。その中で、早く自分がやりたい!と思えることが見つかればいいですね。
  毎日少しずつかもしれないけれど、学生たちみなさんは確実に進化しています。自分では自覚がないかもしれないけれど。その辺も考えて、夢実現に向かって進んでほしい。今日の自分ではない明日の自分に期待を持ちながら進むというか、しずつ学習することによって良い方向に変わっていハズですから。

ジ:最後に、(新入生歓迎号なので)新入生に向けてコメントをお願いします

上:勉強の機会はどこでもいつでも与えられるので、やりたいことを早く見つけるために、たくさん本を読んで、そしていろんな生き方を知ってもらって、自分に一番合うものは何か考える。できれば留学とかチャレンジしてもらいたいですね。
  人生100年と言われる時代ですが、学生時代は頭脳の働きが一番活発で柔軟な時です。心も体も鍛えて下さいネ

ジ:大学生活4年間でしっかり自分探し&自分磨きをがんばってほしいですね。
    先生、今日は素敵なお話をありがとうございました!


こんな形でゆっくりお話しさせていただいたのは初めてでしたが、普段の印象そのままの素敵な先生でした黒ハート
英語や文学の授業が開講されているので、興味をもった学生さんは先生の授業を受講してみてください!


全部で5名の先生にお願いしたこの特集。次回は何先生の番かな? お楽しみに〜


以上 週末饂飩県ツアーの後で100%小麦粉で構成されていそうなジャバラーズ★マスカットでした。


posted by ジャバラーズ at 12:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 特集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

広島経済大学図書館 〒731-0192 広島市安佐南区祇園5-37-1
TEL:(082)-871-1662 FAX:(082)-871-1055

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。